ヒロシマナガサキ ~核戦争のもたらすもの~

DVD/46分/学校・団体・ライブラリー用
上映権付き(無償上映用)

体験のない私たちはどのようにして事実を知り体験を伝えていけばよいのか...

文部省特選/教育映画祭優秀作品賞/優秀映画鑑賞会推薦/日本紹介映画コンクール金賞

企画:広島市・長崎市
監修:原爆災害誌編集委員会
製作:岩波映画製作所
カラー/46分/1982年製作/日本語版・英語版

あらゆる世代の人に、あらゆる立場の人に、あらゆる人々にヒロシマナガサキの事実と体験を知ってもらい、対話の土台になる映画。恐怖、涙、絶叫、絶句でおわれば体験は伝わらない。冷静な理性と思考力、想像力によって、今日の言葉として語りつがねばならない。
広島・長崎の被爆者は口をそろえて言う。

「今、私たちが一番残念に思うことは、原子爆弾が私たちの上に落とされた"あの時"のことではありません。現在に至ってもなお、核兵器がつくられ続けていることです。」

原子爆弾被曝の体験は決して過去のものではない。核兵器が巨大化、高性能化した今日であればこそ、その事実を日本の全ての人に、世界の全ての人に、知ってもらう必要がある。広島市と長崎市が、新たに映画を企画した意図も桃にあった。
 物理的破壊力。それによって人間生活の基盤である社会そのものを奪った事実。瞬間、大量の殺傷。人体を長期にわたって苦しめつづける放射線傷害。これら一つ一つの事実と総合的被害の実相は、今日あるいは明日の核戦争を予想させる未来への警告である。
 この映画は、科学者たちの報告を集大成した書物"広島・長崎の原爆災害"に基づき、あくまでも科学的な視点から、原子爆弾被曝の総合像を描こうとした記録映画である。
1995年8月

¥ 16,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は4点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    全国一律 0円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。